過酷なサーキットの現場で磨かれた 身体を水で冷却するシステム

熱中症対策と予防にCOOLSHIRTSYSTEM

30年も前から使用されている、米国製水冷式クールシャツとは・・・

米国生まれの水冷服!これを見ればわかる!2分の簡易動画。プレイボタンでGO!!

クールシャツシステムとは

今から30年以上前の1987年、アメリカで世界初の民間向け水冷式体温冷却服が登場しました。 その水冷式体温冷却服は常に夏場の熱中症に頭を悩ませてきた北米圏の各業界で高く評価され、今では欧米を中心に各種業界で広く導入されています。

その水冷式体温冷却服が「クールシャツシステム」です。

宇宙服の技術を転用した水冷式熱中症防止服

説明図:ガーメントとクーリングユニット

クールシャツシステムは宇宙服の技術を転用した水冷式熱中症防止服。服に縫い付けられたチューブに冷水を循環させて効果的に体温を冷やします。

クールシャツは専用ガーメント(着衣)と、冷水を循環させるクーリングユニットで構成されており、これらを接続して通水することで機能します。ガーメントはシャツだけでなく、パンツや頭部パッドなども用意されており、一つのクーリングユニットで全身を冷却することも可能です。

厳しい環境にも耐える、何重にも施された安全策

説明図:ガーメントと冷却チューブ内の構造
説明図:4系統に分かれた冷却チューブ

クールシャツ専用ガーメント(着衣部)に縫い付けられるチューブは内側にリブが作られており、強く折れ曲がったり潰されても水流が止まりにくい特殊な医療用チューブが使われています。

ベルトに挟んでもシートに座っても冷水の循環が止まりにくい構造になっています。

さらにガーメントに縫い付けられたチューブは基部で4系統に枝分かれしており、万が一チューブのどこかで詰まりが発生しても他の3系統には影響せず、体表面の多くを冷却し続けられる工夫が施されています。

これら何重にも施された安全策は、すべて技術の基となったNASAの宇宙服技術仕様に準じているもので、クールシャツシステム製のガーメント(着衣部)は現在もこのNASA技術規定に準じて製造されています。

半袖、長袖、パンツ、フード付き、耐火規格、アークフラッシュ規格、ポータブル式など自由に組み合わせてのセットアップが可能。どんな過酷な環境にも対応します。

説明図:クールシャツシステムのバリエーション

クールシャツシステムの効果

クールスーツは高温多湿の環境下で、熱中症防止および作業効率向上をお約束します。

Cool Shirtは30年以上に渡り、北米を中心にさまざまな高温多湿の環境下での過酷な作業を強いられる現場で採用されてきました。

火災/汚染現場

建設/重工業

倉庫/工場

映画/スーツアクション

クールスーツ着用によるメリット

炎の現場には難燃素材タイプも!

火気を取り扱う現場では引火の可能性があるため、防炎や難燃の素材が必須となります。 モータースポーツの火災事故、溶接作業での引火事故、溶鉱炉など火気を扱う作業環境には耐火性クーリングシャツもご検討ください。

難燃素材の耐火性クーリングシャツが作業員の体温を下げつつ、火花や炎による引火を防ぎ、労災事故となるような火傷負傷を未然に防いで労働環境の改善に役立ちます。

写真:燃焼試験の結果

クールシャツ社製品は防炎、難燃素材についても高いノウハウを持ち、その優れた素材が性能を証明しております。

クールシャツシステムの科学的データ

科学的データに基づいた、高い効果を実感してください。

シェーファーエンタープライズ社製クールスーツは全て、NASAが定めた船外活動用宇宙服の規格を基に、コンシューマー向けに設計・開発されたシステムです。

人間は体温維持の為に、24時間休みなく発熱と放熱を続けていますが、通常の場合は全血液量の約4%を表皮付近へ循環させ、以下のような原理で代謝により発生した熱(体温)を外部へ放出しています。

  1. 熱放射による電磁波としての放熱:全放熱量の約65%
  2. 発汗(気化熱冷却)による放熱:全放熱量の約25%
  3. 対流(熱伝達)による放熱:全放熱量の約10~15%
  4. 他の物体へ触れた際の熱移動による放熱:全放熱量の約2%

しかし外気温が35度を超えた場合、唯一の放熱手段は(2)の発汗による気化熱冷却のみとなります。さらに作業着や耐火服/防護服など肌の露出を防ぐ通気性の悪い着衣が必要となる環境下では湿度も上昇する結果となり、汗が蒸発しなくなるために条件はさらに悪化します。

こういった高温多湿環境下ではさらに多くの熱を体外へ放出するために48%もの血液が表皮付近に送られることになり、その結果。内臓や脳に酸素を送る血液循環量が低下しミスや作業効率の低下を誘発するおそれがあります。

Data1 熱中症危険度指数

図表:野外体感指標

米国商務省管轄「海洋大気庁(NOAA)」からは以下のような気温/湿度による熱中症の危険度を示すデータが公表されています。

Data2 気温とミス発生率

図表:温度とミスの発生件数

一方で米国政府直属アメリカ航空宇宙局(NASA)及び米国運輸省管轄、連邦航空局(FAA)では、気温と作業効率及びケアレスミス発生件数の関係を研究したデータが公表されており、ある一定の条件を超えると人間は記憶力の低下や不注意によるミス発生率が急激に増加し、同時に精神/身体共に大幅な能力低下が発生することが示されています。

また、熱中症やヒートストレスにより脳梗塞が発生することが問題となっています。そして脳梗塞の前兆は次の通りです。

  • 多量の発汗
  • 疲労と脱力感
  • 頭痛
  • 吐き気
  • 動悸
  • 筋肉や体の痛み
  • 皮膚が冷たくなり
  • ベトつくような感触
  • 意識の有無に関わらず肌が赤く乾燥している
  • 混乱
  • 意識消失

これらは、高温多湿、脱水症状、塩分不足によって引き起こされます。

温度と人体の関係
体内温度
36.7~37.2度 = 正常
37.2~40.0度 = 熱疲労発生
40.0~43.3度 = 死亡

人体を構成するたんぱく質は約40.8~41.1度で変性(凝固)が始まり、二度と元には戻りません。このたんぱく質が凝固した血液は脳にもダメージを与え、体温が42度を超えた場合は死に至ります。

Data3 実験結果

米国内の某有名大学の協力を得て行ったテストでは以下のような結果が示されました。

図表:テスト後の体重変化グラフ
図表:テスト後の体内温度変化推移グラフ

写真:実験の様子

被験者:20歳男性
着衣:デュポン製タイベック防護スーツ(ケイタムC)及び、SFI規格3レイヤー耐火スーツを着用
条件:室温35度。トレッドミルで時速14Km/14分間のランニング運動後に測定

結果:2%以上の発汗による体重減=熱疲労発生
赤--未着用、2.3Kgの体重減、2.6%の熱疲労発生
青--運動中着用した場合、1.1Kgの体重減、熱疲労なし
緑--運動中から運動後まで着用した場合、
0.6Kgの体重減、熱疲労なし

これらの研究結果から、クールスーツはアジア地域での特に高温多湿となる季節の労働環境改善や作業従事者の安全確保、そして作業効率の向上に高い効果を発揮することが示されています。

クールスーツの効果

クーリングガーメント全体に張り巡らされた医療用シリコンチューブは人体の表面積の約30%~40%(クーリングシャツのみの場合)をカバーしており、チューブ内を冷却水が循環することにより、どのような環境下でも体温を適性温度に保ちます。
また液体は気体にbenefit比べて28倍もの熱伝導率がある為に涼しい風をあてるよりも効率よく体温冷却が可能です。

クールシャツシステムの使い方

  1. 冷却材として、凍らせた保冷剤やアイスボトルを準備。
    ご家庭の冷凍庫で作った氷やコンビニで買ってきた氷でもOK!
  2. 冷却材と循環用の水をクーラーユニットに入れます。
  3. ガーメントを着用してクーラーユニットとホースを連結。スイッチを入れたら冷却開始!

当製品をお使い頂くのに必要なのは、バッテリーの充電とアイスボトルの冷凍のみですので非常に低いランニングコストでご愛用頂けます。また想定する稼働時間に応じて予備のバッテリーや冷却材を準備すれば長時間の冷却も可能です。

お手入れ方法

使用後はホースの水を充分に抜き、よく乾燥させてください。
ガーメントを洗濯をする場合は、洗濯ネットに入れて最弱モード/手洗いモードで洗濯をして下さい。
洗浄後にはガーメントをねじって絞ったりせず形を整えた状態で陰干し自然乾燥を行なって下さい。
タオルや雑巾のように強くねじって絞った場合にはクーリングチューブやベスト素材破損の原因になりますのでご注意下さい。

OP-SUIREIFUKU(OP水冷服)とは

OP水冷服

クールシャツシステムの販売を通して、お客様からのフィードバックによって制作した弊社オリジナル製品です。水冷服の入門セットとしても最適です。

クールシャツシステムの商品構成

コンプリートセット

必要な商品が含まれており、購入後すぐに使い始めることができるセットです。

写真:OP水冷服ウェストバックAセット(ベスト+ウェストバック)

OP水冷服 ウェストバックAセット(ベスト+ウェストバック)

セット価格 ¥74,800-(税別)

汎用性の高い水冷ベストと薄型で動きやすいウエストバッククーラーのセットをOP水冷服でまとめました。低価格でスタートできる水冷服入門に最適なセットです。

【セット内容】
・ガーメント(着衣部):水冷ベスト(OP水冷服)
・クーリングユニット:ウェストバック(OP水冷服)
・その他:リチウムイオンバッテリー(OP水冷服)

購入ページへ

写真:OP水冷服ウェストバックBセット(ベスト+マルチバック)

OP水冷服 ウェストバックBセット(ベスト+マルチバック)

セット価格 ¥77,600-(税別)

汎用性の高い水冷ベストと、ウェストバックより一回り大きなマルチバッククーラーのセットです。低価格でスタートできる水冷服入門に最適なセットです。

【セット内容】
・ガーメント(着衣部):水冷ベスト(OP水冷服)
・クーリングユニット:マルチバッグ(OP水冷服)
・その他:リチウムイオンバッテリー(OP水冷服)

購入ページへ

商品写真:エントリーセット(ベスト+ウェストバック)

クールシャツ エントリーセット(ベスト+ウェストバック)

セット価格 ¥151,300-(税別)

汎用性の高いアクアベストと薄型で動きやすいウエストバッククーラーのセットです。必要なパーツがそろっているのですぐに使い始めることができます。

【セット内容】
・ガーメント(着衣部):アクアベスト
・クーリングユニット:ウェストバッククーラー

購入ページへ

ガーメント(着衣部)単品

※ガーメント(着衣部)だけでは使えません。別途、クーリングユニットが必要です。

水冷ベスト(OP水冷服)

水冷ベスト(OP水冷服)

価格 ¥34,000-(税別)

サイドベルトの調整でS~LLに対応するフリーサイズです。OP水冷服シリーズだけでなく、クールシャツシステムの全てのクーリングユニットにも対応しています。

購入ページへ

写真:アクアベスト

アクアベスト

価格 ¥51,500-(税別)

シャツや作業着の上に着用できるベストタイプ。簡単に脱着ができます。

購入ページへ

写真:コットン製クーリングシャツ(半袖)

コットン製クーリングシャツ(半袖)

価格 ¥29,800-(税別)

Tシャツタイプのガーメント。レーシングスーツや防護服の下にも着用できます。

購入ページへ

写真:耐火性クーリングシャツ(半袖)

耐火性クーリングシャツ(半袖)

価格 ¥46,800-(税別)

SFI規格の耐火半袖シャツ。カーレースでの使用などに。

購入ページへ

クーリングユニット 単品

※クーリングユニットだけでは使えません。別途、ガーメント(着衣部)が必要です。
※ここでご紹介するポータブルタイプ以外にも、車載用の大型クーリングユニットなどの商品もございます。詳しくはお問い合わせください。

写真:ウェストバック水冷ユニット(OP水冷服)

ウェストバック水冷ユニット(OP水冷服)

価格 ¥26,800-(税別)

保冷ペットボトルが2本入るコンパクトなユニット。

※バッテリーキット別売り。

購入ページへ

写真:マルチバック水冷ユニット(OP水冷服)

マルチバック水冷ユニット(OP水冷服)

価格 ¥29,600-(税別)

保冷ペットボトルが3本入るユニットです。

※バッテリーキット別売り。

購入ページへ

写真:リチウムイオンバッテリー(OP水冷服)

リチウムイオンバッテリー(OP水冷服)

価格 ¥14,000-(税別)

OP水冷服の水冷ユニット用のバッテリーキット。充電器付き。

購入ページへ

写真:ウエストバッククーラー

ウエストバッククーラー

価格 ¥99,800-(税別)

薄型でコンパクト。ベルトに取り付けるウエストバック式。

購入ページへ

写真:カートバッククーラー

カートバッククーラー

価格 ¥74,000-(税別)

ウェストバッグ式、ショルダー式両方できる薄型。

購入ページへ

写真:バックパッククーラー

バックパッククーラー

価格 ¥104,000-(税別)

背負える大容量のクーリングユニット。

購入ページへ

お問い合わせ

このページでご紹介していない製品もございます。また、用途に応じた最適な商品をご提案させていただいておりますので、お気軽にご相談ください。

電話

022-381-7021

お電話によるお問い合せは平日9:00~18:30となります。
お急ぎの場合は時間外の対応も行っておりますので、お気軽にお電話ください。

FAX

022-381-7020

返信が必要な場合には、2営業日以内にご連絡いたします。
万一、返信が無い場合は、正しく届いていないか、 もしくはご連絡先が不明な場合がございます。 お手数をおかけ致しますがファクシミリ以外であらためてお問い合わせくださいますようお願い致します。

お問い合わせフォーム